床下収納の種類の機能性

床下収納の種類とは

工務店,収納

工務店で収納を作ってもらおう 

一軒家では全室床暖房機能を備えているところも多いのではないでしょうか。冬も快適に過ごせる半面、保存できる食材の傷みが早いという悩みを抱えている方も多いようです。こんな時床下収納があると、保存のきく野菜だけではなく、収納しきれなかった缶詰や雑貨もしまえて空間を広く使うことができるようになります。床下の工事が必要になりますので、工務店へ相談してみると良いでしょう。開け閉めしやすく湿度が入り込みにくい収納を紹介してもらえるかもしれません。作りたい場所などが決まったら工務店でお見積もりを取られることをおすすめします。

床下収納の種類について 

床下収納と言うと、新築時から取り付けられているものというイメージがありますが、工務店によるリフォームも多数存在します。リフォーム期間は、依頼する店にもよりますが、早くて半日、長くても3~4日と、それほどかかるものではありません。また床下収納の設置場所は、キッチンだけでなく、畳部屋や居間、子供部屋といった場合もあります。種類としては、蓋が独立して取り外し可能のもの、ヒンジによって開くもの、また電動昇降式やスライド式などがあります。スライド式は、より多くのものを収納するために、収納庫が2つ2列になっており、左右にスライドして使用します。また冷気の侵入や湿気など温度コントロールが懸念される場合は、それに対応した断熱タイプのものもあります。工務店に相談してみましょう。

床下収納に関する情報

© Copyright 床下収納の工事は工務店に. All rights reserved.